ドラッグストア社員の給料を公開! こちらをクリック

【リアルな体験談】人見知りコミュ障が初めて美容院に行った時の話

初めて美容院に行きたいコミュ障

髪型をおしゃれにしたいと思って美容院に行きたいんだけど、初めてで心配だ。しかもコミュ障だから余計不安。同じコミュ障の体験談を知りたい。

このような疑問に答えます。

本記事の内容

  • 僕が初めて美容院に行った時の体験談
  • 2回目以降は普通にいけるようになった
  • コミュ障で初めて美容院に行く人へのアドバイス
  • コミュ障の初めての美容院はネット予約がオススメ

髪型をおしゃれにしたいなら絶対外すことはできない美容院。

しかしコミュ障にとって、おしゃれな人だらけの美容院はなかなか勇気が出ないもの。

かくいう僕もコミュ障でさらに人見知り。美容院に行きたいと思いながら、5年も月日が経ってしまいました。

ですが、26歳の時に勇気を出して初めて美容院に行ってきました。

この日から僕は、2年近く美容院へ通っています。

今回は、過去の僕のような人に美容院に行く勇気を与えたいと思い、僕が初めて美容院に行った時の体験談をお伝えしようと思います。

この記事を読めば、美容院に行く勇気が出て今のダサい髪型から卒業し、イケてる男になることができるでしょう。

僕なりのアドバイスも解説しますので、ぜひ参考にしてください!

それでは早速見ていきましょう!

目次

僕が初めて美容院に行った時の体験談

髪を切る少年

それでは早速、僕が初めて美容院に行った時の体験談を話していきたいと思います。

行く直前の心境や入店してからの流れ、終わった後の感想など詳しく話していきますね。

最初の難関:予約

まずいきなりコミュ障には難関の「予約」をしなければいけません。

結論から言うと、僕はホットペッパービューティーでネット予約しました。

ネット予約であればコミュ障につらい、電話を回避できます

ネット予約なら空いている日にちも一目でわかるし、自分のタイミングで予約できるのでここではつまずきませんでしたね。

ひかしん

とはいえ、予約確定のボタンを押すのに30分くらいちゅうちょしました(笑)。

初めての美容院当日の様子

美容院当日は本当に緊張していました。

就活の面接なみに緊張していましたね。

僕は夕方の5時に予約していたのですが、朝起きてからずっとそわそわしていました。

  • 美容院に向かって車を走らせる
  • 入店してから席に着くまで
  • 髪を切り終わるまでの時間のこと

これらを朝からずっと頭の中でイメージしていましたね。

そして予約時間の40分前、早めに家を出ようと僕は車にエンジンをかけ走り始めました。(隣の市の美容院に行きました)

早く出過ぎたせいか、15分くらい早くついてしまったので車の中で髪型のオーダーを繰り返しました。

人見知りコミュ障、初めての美容院に突入

1分前になり、車から出ていよいよ美容院の扉を開けました。

チャランチャラン~♪

美容師

いらっしゃいませー。

ひかしん

あ、予約してたひかしんと言います。

美容師

今準備するので少々お待ちください。

ひかしん

あ、はい。

3分後。

美容師

お待たせしましたー。どうぞー。

このような流れでしたね。

普通だと美容院はカルテを作るためのカウンセリングや話し合いがあるみたいなのですが、僕が行った美容院はそのようなものはなく、いきなり髪を切ることになりました。

まあ、カウンセリングと言ってもどんな髪型にするのかといったことを話すだけなので、そう身構えることはないですよ!

こんな感じで以外にもあっさりとした入店してからの流れでした。

店内の様子

店内の様子は、

  • 陽気な洋楽が流れている
  • 席の数は10個くらい
  • お客さんは女性一人
  • 美容師は男と女、半々

上記のような感じで、今まで近所の床屋にしか行ったことなかった僕からしたら、オシャレで圧倒されてしまいましたね。

ひかしん

早く帰りてーー!

心がそう叫んでいました。

とにかく雰囲気が明るく、コミュ障にはちょっと敷居が高いそんな場所に感じました(ただそれも最初だけ)。

ちなみにこの日から2年間、同じ美容院に通ったのですが、お客さんの男女比は女性6:男性4くらいでした!

会話、施術の流れ

コミュ障にとって最も苦痛で耐えがたい部分である、髪を切っている最中の会話

僕はここについてはもうどうにでもなれという感じで、どうしようか考えてきませんでした。

幸いなことに、美容師が雑誌を持ってきてくれました。

美容師

今日はどのようにしますかー。

ひかしん

あ、えっとこんな感じでお願いします。

なんと注文すればいいか分からなかったので、スマホに画像を入れてそれを見せました。

美容師

あ、なるほど。横と襟足を刈り上げる感じですね。分かりましたー。

ちなみに僕はツーブロックにしたいと思い、その画像を見せましたね。

画像を見せたのは最初の1回だけで、そのままスマホをしまいました。

美容師

あ、スマホいじったり雑誌見ててもいいですよー。

会話をしたくなかった僕は真っ先に雑誌を取りました。

ひかしん

よし!これで会話をしなくて済むな!

この後、1回だけ

美容師

仕事お休みですかー。

とは聞かれたものの、雑誌を読んでいたこともあってこれ以外には話しかけてきませんでした。

雰囲気が読める担当者さんでよかったです。

カットが終わったらシャンプー台に移動してシャンプーし、その後またカットした席に戻りドライヤーをして終了です。

ここでの床屋との違いは、

  • 髪を切るときに切るカッパみたいなのは腕を入れる穴があるのでそこに入れる
  • シャンプーは仰向け(後ろに倒れる)
  • 最後にワックスをつけるか聞かれるのでどっちか答える

上記のような感じです。

カットは美容師が「束感が出やすい髪型」に切ってくれました。

ひかしん

やっぱ美容院は技術がすごいな!

※会話がこわい人は【恐怖】コミュ障が美容院の会話を確実に回避する方法【紙に書け】にて解説していますので、興味があればご覧ください。

お会計

最後お会計の時はカードを作りました。

このカードは10回くらい通うと割引になるカードです。

無事お金を払ったら、

美容師

気を付けて帰ってくださいね。

ひかしん

あ、ありがとうございます。

美容師

またお願いします。ありがとうございました!

ひかしん

ありがとうございましたー。

美容師が店の扉を開けてくれてお見送りしてくれました。

ひかしん

開放感ハンパネーーーーーーーー!!

これが僕が初めて美容院に行った時の一連の流れです。

店を出てからは開放感が半端じゃなく、すべてをやり切った、そういう気分でした!

感想としては、店の中に入ってしまえばあとは流れに任せる感じになるので、そこまで緊張はしませんでした

入るまでが本当に緊張します!

人見知りコミュ障、2回目以降の美容院

美容室の椅子

やっぱ美容院スゲーな。

そう思った僕はそれ以降、同じ美容院に通い続け、現在でも通っています。

1回行けばもう入店してからの流れとかは頭に入っているので、それほど緊張はしません(まあ、少しはしますけど)

僕は最初に担当してくれた美容師さんが気に入ったので、2回目以降はずっとその人を指名して切ってもらってます

ちなみに指名料は別だったので+500円払ってます。

会話は相変わらず雑誌を読んでいるので、ほとんど話しかけてきません。

最初の1回目の入店するまでが勝負です!

ここを乗り越えると「何であんなに緊張していたんだ」と思うくらい拍子抜けするので、こわいとは思いますが頑張ってください!

コミュ障で初めて美容院に行く人へアドバイス

初心者マーク

コミュ障で初めて美容院に行く人への、僕なりのアドバイスですがそれは下記の通りです。

  • ネット予約しよう
  • 男性客がそこそこいるところを選ぼう
  • まずはチェーン店の美容院がオススメ
  • 服装は決め服で
  • スマホにしたい画像を入れて見せよう

上記のようなことに気をつけましょう!

ネット予約しよう

電話はハードルが高いのでネット予約していきましょう!

ネット予約は、

  • 空いている時間が一目でわかる
  • 24時間いつでも予約できる
  • 要望の欄に「なるべく静かに過ごしたい」という項目がある

こんな利点があります!

特に「静かに過ごしたい」と要望できるところが素晴らしいですね。

ネット予約の仕方は【簡単にできる】コミュ障の美容院の電話対処方法【紙に書け】の後半パートで詳しく解説しています。

※予約は全国の美容院が検索できるホットペッパービューティーでしましょう!

男性客がそこそこいるところを選ぼう

女性が多いと緊張すると思うので、男性客がそこそこいるところを選びましょう!

前述のホットペッパービューティーであれば、利用者の口コミを見ることができます。

その口コミに、口コミした人の性別が乗っているので、そこで男性客の多さが判断できます。

まずはチェーン店の美容院がオススメ

初めての人はチェーン店の美容院を選びましょう!

なぜならオシャレ過ぎず、かつある程度華やかさがありちょうどいいからです。

今まで近所の床屋にしか行ってなかったコミュ障が、いきなりくそオシャレな美容院だと流石に緊張しすぎて「やっぱ美容院なんて無理だ」となってしまいます。

僕もチェーン店の美容院を選んだわけですが、そこそこのオシャレさと言った感じで施術中はそんなに緊張しなかったです。

もちろん「自分をとにかく変えたい!」という人はいきなりオシャレ美容院に行ってもいいと思います。

しかし、とりあえず床屋から脱却したいという程度の人はまずはチェーン店の美容院からスタートし、慣れたらオシャレ美容院へ変更するのがいいでしょう。

服装は決め服で

できれば服装は決め服で行くのがいいです!

なぜなら、オシャレな服装だと美容師もカットに気合が入るからです。

例えば、よぼよぼのパーカーで美容院に行ったらどうでしょうか。

美容師

ダサい服装だな。なんか気合入らねーな。

と思っちゃいますよね。

そうなると無意識にカットも雑になる可能性があります。

しかしオシャレな決め服で行くと、

美容師

お!オシャレだな。こっちも気合を入れないと!

と思ってもらえるんですね。

ただ髪を切るだけだからとは思わず、自分の中で最高にオシャレな格好をして挑みましょう!

スマホにしたい画像を入れて見せよう

髪型をオシャレにしたいなら、口頭だと注文が複雑になりますし、自分のイメージとは違う髪型になる可能性もありますよね。

結論、スマホに画像を入れてそれを見せましょう!

僕も口頭だとうまく伝えられる自信が全くなかったので、画像を見せました。

画像を見せるのは緊張するという人がいるかもしれませんが、一発でしたいイメージが相手に伝わりますよね。

一発で分かるので美容師も助かりますし、画像を見せる人は結構いるので大丈夫です。

お互いすぐ伝わるのでwin-winですよね。

ひかしん

ホットペッパービューティーでサンプルの画像を検索できるので、そこから探しましょう!

コミュ障でも初めての美容院に挑戦しよう

それでは今回の記事をまとめます。

  • 入店前はド緊張したが、入ってしまえばそうでもない
  • 2回目以降はたいして緊張しない。最初だけ
  • コミュ障の初めての美容院はネット予約しよう

5年も行くのにちゅうちょした僕でも美容院に行くことができました。

あなたもこわいとは思いますが、こんな僕でも行けたので絶対美容院に行けます!

ぜひ今回のアドバイスを参考にして美容院に行ってきてください。

そして今のダサい髪型を卒業し、イケてる男に進化してください!

きっといい経験になりますよ!

今回は以上です。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

初めまして。ひかしんといいます。
5年半、ドラッグストアの社員として働いていました。
当ブログでは、ドラッグストア業界のことやその他もろもろ発信していきたいと思います!

目次
閉じる