女性に対して自信がない人はボディセンスがおすすめ! レビューはこちら!

【注意】除毛クリームの効果的な使い方3選【これだけ】

【注意】除毛クリームの失敗しない使い方3選【これだけ】
剛毛男性

除毛クリームを使ってみたいけど正しい使い方を知りたいなあ。買って後悔したくないし、失敗しない方法を知りたい!

本記事でわかること

  • 除毛クリームの効果的な使い方3選
  • 除毛クリームをふき取るときの注意点
ひかしん

この記事を書いている僕は、童顔なのに毛が濃いことで悩んでいました。
今は除毛クリームで処理することでその悩みを解決しました。

除毛クリームは値段もそれなりにするし、使うからには失敗せずにきれいに処理したいですよね。

僕も除毛クリームを最初使ったときは、きちんと塗り方を調べず、毛がかなりまばらに残ってしまうという悲惨な経験をしました。

その経験から、これが一番大事だなと思うものを3つお伝えしていきたいと思います。

この3つだけを守ってもらえたら、失敗せずに済みます!

それでは早速見ていきましょう。

目次

除毛クリームの失敗しない使い方は3つです

失敗しない使い方は、下記の3つになります。

  1. まずは汚れを落とす。
  2. クリームをたっぷりケチらず塗る←重要
  3. ラップを巻いてクリームを浸透させる。

ひとつづつ、確認していきましょう。

まずは汚れを落とす

まずは、塗りたい箇所の汚れをきっちり落とすか、お風呂に入りましょう。

なぜ汚れを落とすのかというと、夜寝ている間や日中の活動などで皮脂が分泌し、その結果、クリームがきちんと浸透していかないからです。

あなたの汚い汚い体の油が、クリームの浸透を邪魔してしまいます。

僕も汚れを落とさないまま塗ってしまったことがありますが、時間を長めに置いたのにも限らず、あまりとれなかった経験があります。

ティッシュで拭いたときついたクリームが、少し黒く変色していましたからね、、、まあ、溶けた毛の可能性もありますが。

「そんないちいち汚れを落とすなんてめんどくさいよ!」と思うかもしれませんが、きちんと除毛できず、また同じ箇所に同じ工程を繰り返すのはもっとめんどくさいです。

なので、おすすめは風呂上りに塗ることです。これなら無駄な手間が省けると思います。

きっちり、汚れを落として除毛クリームを塗り込みましょう。

クリームをたっぷりと塗り込む←超重要です

これが本当に大事なことなのですが、除毛クリームはケチらず、たっぷりタップリと塗り込みましょう。

なぜなら、ケチってしまうと中途半端に毛に付着することになり、剃刀で剃った時のような黒いぶつぶつが残るような形になったり、まばらに残ってしまうような形になってしまうからです。

初めて使うときは本当に薄く塗ってしまいがちなのですが、これでもかというくらいたっぷり塗ることが大切です。

両方のすね、太ももに塗ったら、もうほとんど一個使い切ってしまうくらいの量を塗ってください。

それくらいたっぷり塗り込むのが大事です。

僕が初めて使ったときは、歯を磨く時の歯磨き粉くらいの量で片方のすね全体を塗ったのですが、まあ取れませんでしたね(笑)。は?何が5分でごっそりだよ馬鹿じゃねーの?といった感じでした。

足だけで一個使い切ってしまうなんて、どんだけ金かかるの?と思う人がいるかもしれませんが、ボーボーに生えてる状態で使うのって最初のときだけです。

二回目に使うときは「あー、ちょっとぽつぽつ目立ってきたかなあ」という状態で使うことになると思います。

その時は、最初に使ったときほどは少ない量で済みますから、そんなに心配しなくても大丈夫です。

それに、冬は露出する機会が減ると思うので、春夏よりは長く持ちます。

もったいないと思う気持ちはすごくわかります。でも本当にケチらず使うことは大事です。

初めて使う方は、自分が思うよりも3倍の量を使う感覚で塗り込みましょう。

ラップを巻いてクリームを浸透させる

これも結構重要なのですが、除毛クリームをつけたらラップを巻きましょう

なぜなら、

  • クリームをより毛に浸透させることができる
  • ほかの場所にクリームがつくのを防ぐことができる

上記のような理由があるからです。

また除毛クリームを塗ってから待つ時間、あれ暇じゃないですか?

ラップを巻くことでほかの場所にクリームがつくのを防げるので、塗ってから待つ時間動き回れますよね。

そのような効果もあります。

クリームは必ずティッシュかいらないタオルで拭きとろう

これは僕がやらかしてしまったことなのですが、除毛クリームをふき取る際は、ティッシュかいらないタオルで拭いたほうがいいです。

というのも、ふき取るとふき取ったものに毛がもっそりとつきますよね?これが普段から使っているタオルだと、ついた毛を落とさなければいけないのですが、落とすのがクッソ大変です。

タオルの繊維と毛が絡まって、なかなかとることができません。

あまりにも毛が絡まって取れないので、タオルを捨てる羽目になってしまいますし、洗濯機に入れようものなら、あなたが普段はいているズボンやシャツなんかが毛まみれになってしまいます。

ですので、ティッシュか捨ててもいいタオルでふき取るようにしましょう。

ちなみに、ティッシュは二枚くらい重ねて使いましょう。一枚じゃ薄いですからね。

また、毛をシャワーで落とすのもやめましょう。

排水溝に毛が流れて行ってしまい、最悪詰まってしまいますので。

まとめ

それでは、最後に本記事の内容をまとめます。

  1. 除毛クリームを塗る前に、汚れを落とそう。(お風呂上りに塗るのがおススメ)
  2. クリームは自分が思う3倍の量を塗ろう。(両足のすね、太ももで一個使い切るくらいがよい)
  3. できれば塗った上からラップを巻いてより浸透させよう。
  4. クリームをふき取る際は、ティッシュかいらないタオルでふき取ろう。シャワーで流すのもダメ。

何度も言いますが、除毛クリームはたっぷりと塗ってください。ケチって少量使ってもほとんどとれません。結局取れないので何回も塗る羽目になり、時間が無駄になります。

きれいさっぱり毛を処理して、新しい自分に生まれ変わりましょう

そして、たくさん自分を表現して人生を楽しみましょう!

今回は、以上です。ご覧いただきありがとうございます。

僕は毛深いとお悩みのあなたを陰ながら応援しています。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

初めまして。ひかしんといいます。
5年半、ドラッグストアの社員として働いていました。
当ブログでは、ドラッグストア業界のことやその他もろもろ発信していきたいと思います!

目次
閉じる