ドラッグストア社員の給料を公開! こちらをクリック

他人を信用しないメリット!人生生きやすくなりますよ【人間不信】

すぐ他人を信用してしまう人

他人のことをすぐ信用してしまって周りに流されたり、たまに騙されてしまうことがある。他人を信用しない方がいいのかな?どうしたら他人をすぐ信用しなくなるんだろう。

このような疑問にお答えします。

本記事の内容

  • 他人を信用しないメリット3選
  • 他人を信用しないデメリット
  • 他人を簡単に使用しなくなる方法
  • 完全に他人を信用するなと言っているわけではない

この記事を書いている僕は以前は人を簡単に信用していました。あるとき信用して200万ほどお金を貸してしまい、それを気に、まずは他人を疑うことにしました。ちなみに依然としてお金は帰ってきていません。

生きていくうえで他人と関わらずには生きてはいけません。

だからと言って他人のことを簡単に信用してしまったら、場合によっては騙されてしまうこともあると思います。

僕も相手のことを信用してお金を貸してしまい、そのお金はいまだに帰ってきていません。

それ以降他人を簡単には信用せず、どんな人でも疑いの目をもって関わるようにしたら結構人生生きやすくなりました。

今回は他人を信用しないことのメリットを解説していきたいと思います。

他人を簡単に信用しなくなる方法についても話しますので、他人をすぐ信じてしまう人やよく騙されてしまう人はぜひ参考にしてください!

それでは早速行ってみましょう!

目次

他人を信用しないメリット

他人を信用しないメリット

他人を信用しないメリットには、以下のようなものがあります。

  • 周りに振り回されることがなくなる
  • 自立できる
  • 他人のせいにしなくなる

これだけだと意味が分からないと思うので、詳しく解説していきます。

周りに振り回されることがなくなる

他人を信用しないと周りに振り回されることがなくなります

簡単に他人を信用してしまうと、

  • 悪い人に騙されてお金を失う
  • 完全に他人を信用できなくなる
  • 都合のいいように扱われる

上記のようにカモにさせられます。

逆に他人を信用しないことでめんどくさいいざこざに巻き込まれることがなく、自分が思い描く人生を生きることが可能になるでしょう。

ひかしん

過去の僕もすごい他人に振り回された人生だったんだなと感じます。

自立できる

他人を信用しないと自立できるようになります

例えば自分にやりたいことがあってこうしたいという夢があったとして、親がそれを「安定してないからやめなさい!」と言い、親の言うことに従ってしまったとしましょう。

これだといつまでも親がついて回って自立した生活を送ることが難しくなってしまいます。

しかし親の言うことを無視して自分のやりたい夢に突き進んだらどうでしょうか。

自分で決めたことだし親に頼れないから、基本何でも自分でやらなければいけないですよね。

  • 必要なものをそろえる
  • 一人暮らしするならご飯や洗濯、掃除

いくらかは親がサポートしてくれると思いますが、基本自分でやらなければいけないことが増えます。

まあこれは極端な例ですが、こんな感じで自分で考えて行動しなければいけないので自然と自立できるんですね。

自立することであまり他人を頼らなくても生きられる術が身につきます。

他人のせいにしなくなる

また他人のせいにしなくなるというメリットもあります。

もし他人を簡単に信じてそれに従い失敗したりうまくいかなかったら、

お前がこうしろと言ったのに失敗してしまったじゃないか!

と他人を責めてしまいます。

それはその人が他人のせいにする癖があるからじゃないの?と思うかもですが、どんなに「俺が決めたことだから」と思っても絶対に心のどこかに、あの人を信じなければこうはなってなかったかもという思いが残ります。

僕も大金を貸してしまいそれが帰ってきていないのですが、どうしてもあいつを信用していなければという思いが沸き上がってきます。

他人を信用しないことで、この他人のせいにしてしまうということを防ぐことができます。

うまくいかなくても自分で決めたことですからね。

ひかしん

一見他人を信用しないのは悪いことのように思われますが、こんなにメリットがあるんですね。

他人を信用しないデメリット

他人を信用しないデメリット

とはいえもちろん他人を信用しないことによるデメリットも当然あります。

その最大のデメリットは、友達がなかなかできなくなることです(笑)。

当然ですよね。

やはりどんな人でも何かしら裏はありますから、他人を信用せず常に相手を疑いの目で見ていたら、どうしても人付き合いが減り結果友達もできにくくなるでしょう。

ただ全く友達ができなくなるということでもありません。

むしろ疑いに疑って「この人は本当にいいやつだな」と判断できた人というのは、かなりの深い親友になること間違いなしです。

実際僕も高校や大学などで一時的に仲良くなった人はいても、本当に心から信頼できる友達というのは3~4人しかいません。

この友達とは最近まで毎週のように遊んでいました(今は結婚した友達がいて遊ぶ頻度が減り月一ですが)。

確かに友達はできにくくなりますが、その分めんどくさい人間関係が減りますよ。

他人を簡単に信用しなくなる方法

他人を簡単に信用しなくなる方法

他人を簡単に信用するなとは言われても、すぐ信用してしまう人にとってはその思考は切り替えられないですよね。

そんな人は以下の2つの方法を試してみましょう!

  • 必ず裏があるはずだと思い込む
  • テレビを見ない

詳しく解説します!

必ず裏があるはずだと思い込む

まずはとにかく優しくて誠実な人でも必ず裏があるはずだと思う癖をつけましょう!

人と会う度に常にこう思うことで、だんだんと相手のことを信用できなくなっていきます。

正直言うと1番簡単に相手を信用できなくなる方法は、すごく信用していた人に騙されることなのですが、さすがに1回騙されてこいとは言えません(笑)。

1日に何十回も「必ず裏があるはずだ」と心の中で言いまくって脳にしみこませていきましょう。

ひかしん

僕は今でも初めての人に合う場合は騙されないぞという思いで会話します。

テレビを見ない

テレビを見ないのも効果的です。

なぜならテレビを見ると自分の考え、思考が揺らいでしまうからです。

テレビというのはいかに視聴率をとるかが勝負なので少し偏った報道になったり、大げさに表現することがあります。

また時には、こうするべき!こんな風に考えている人が多いです!こんなものが流行っています!

上記のような報道がありますよね。

こんな報道を見てしまうと日本人は同調圧力が強い国なので、

んー俺は少数派なのか。俺の考えはおかしいのかな?

と自分の考えが揺らいでしまうんですね。

結果的に多数派の意見を信用してしまい、周りに振り回されることになってしまいます。

「俺はテレビの言うことは信用しない!」と思っていても、やはり見続けていくうちにどこかテレビの報道を信用してしまいます。

ですので他人を信用しないために、テレビの情報をあまり信じないようにしましょう。

そして信じないためにはテレビを見ないことです。

ひかしん

思考もクリアになりますよ。

完全に他人を信用するなと言っているわけではない

完全に他人を信用するなと言っているわけではない

もちろん、完全に他人を信用するなと言っているわけではありません。

完全に他人を信用しないとなると生きていけなくなります。

とにかくまずは他人を疑いの目で見て、「いい顔してるけど何か企んで出いるかもしれないから気をつけよう」という風に入り、相手のことが少しずつ分かってきたら今度は少しずつ信用するようにしてください。

おそらく相手の嫌な部分がどうしても目につくかもしれません。

しかしまずは疑いの目で見ることでこの人が本当はどういう人なのかが少しずつ分かり、相手を見る目もついてきます。

その結果本当に気の知れる仲間ができるはずですよ。

ひかしん

僕はそこそこ仲のいい人が多くいるよりも、本当に気の知れた仲間が数人いた方が人生楽しいと思いますね。

他人を信用しないのは自分らしく生きることにつながる!常に相手を疑おう

それでは今回の記事をまとめます。

  • 他人を信用しないのは周りに振り回されなくなる、自立できる、他人のせいにしなくなるというメリットがある
  • 友達がなかなかできなくなるのがデメリット
  • 「必ず裏があるはずだ」と思い込んだりテレビを見ないことで簡単に他人を信用しなくなる
  • だんだん相手のことが知れてきたら少しずつ信用していこう

他人を信用しないのはただ単に騙されにくくなるだけでなく、他人に振り回されなくなったり自立できたりするなど、自分のしたい生き方が可能になります。

他人を簡単に信用してしまうと相手のために生きているような感じになってしまいますからね。

僕も他人を信用しなくなってから、

  • こんな風に生きていこう
  • こういう目標のためにこんな働き方をしよう
  • 周りの目が気にならなくなる

上記のように思考が変化しました。

いろいろなメリットがありますので、ぜひ簡単に他人を信用してしまう人は他人を信用しないというのをやってみてください。

きっと人生生きやすくなりますよ。

今回は以上です。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

初めまして。ひかしんといいます。
5年半、ドラッグストアの社員として働いていました。
当ブログでは、ドラッグストア業界のことやその他もろもろ発信していきたいと思います!

目次
閉じる