ドラッグストア社員の給料を公開! こちらをクリック

【退職して分かった】ニートは勝ち組である理由3選【負け組ではない】

仕事を辞めたい人

ネットでニートは勝ち組って言われてるみたいだけど、そうなの?んじゃこのままニートを続けていいの?

このような疑問にお答えします。

本記事の内容

  • ニートが勝ち組である理由3選
  • ニートは勝ち組であるが何もしなかったらただのクソニート
  • ニートが正真正銘の勝ち組になるにはスキルをつけよう
  • 工場派遣や期間工をやるのも手

この記事を書いている僕は新卒でドラッグストアに就職しましたが、人見知りコミュ障なためつらくて退職。現在は在宅で稼ごうと努力中です。

ネットを見ると、

ニートは勝ち組だ
働いたら負け

みたいな意見ありますよね。だったらこのままニート続けるわw。と思っちゃうかもしれません。

しかしニートが勝ち組と呼ばれているのにはきちんと理由があります。

そこで今回は僕が退職して分かった、ニートが勝ち組と言われる理由を解説していきます。

ニートが正真正銘の勝ち組になる方法も合わせて解説するのでぜひ最後までみて見てください。

それでは早速行ってみましょう!

※この記事は5分ほどで読めます。

目次

ニートが勝ち組である理由3選

札束を握りしめる男性

ニートって普通に考えれば仕事もしてないし、家でダラダラしてるだけだしどう考えても負け組だと感じますよね。

ニートが勝ち組だと言われる理由は3つあります。それは下記です。

  • 時間が大量にある
  • 働いて疲弊することがない
  • 何でもネットで済むようになってきている

詳しく解説していきます。

ニートが勝ち組である理由①時間が大量にある

ニートというのは時間が大量にありますよね。

睡眠と食事以外の時間は何もしなくていい、自分の自由にできる。こんな風に24時間中、12~14時間は完全に自由時間です。

この時間という資産があることはとても素晴らしいことです。

考えてみてください。会社に勤めて働いている人は、

  • 毎日8時間以上労働している
  • 仕事が終わって家に帰ったら疲れて何もできない
  • 休みの日も疲れをとって何もやる気が起きず終わる

上記は僕の友達の例ですが、このようにほかに自分のやりたいことができません

しかしニートはどうでしょうか。

12~14時間自由な時間がありますよね。

これだけ時間があれば、普通の人ではできないことができます。

  • 遠くに旅に出る
  • 何かスキルを身につける
  • これからの将来について真剣に考える

上記のように自分を高めることができるんですね。

実際僕も仕事をやめてニートになってみて、自分のことについていろいろ考える時間ができました。

会社員にはない、「時間という資産」を大量に持っている時点でかなり勝ち組と言えます。

ニートが勝ち組である理由②働いて疲弊することがない

ニートはずっと家にいるので働いて疲弊することはありません。

これが会社員だといろいろなストレスがかかります。

  • 満員電車
  • 人間関係
  • パワハラ

満員電車のストレスは戦争に参加している兵士と同じくらいのストレスみたいですし、嫌でもめんどくさい人間関係が発生しますよね。

またパワハラしてくるムカつく上司もいます。

会社員はストレスの塊なのです。

その点、ニートは上記のストレスがほぼ皆無です。

これらの疲弊する要素がない時点でもう勝ち組と言えるでしょう。

ニートが勝ち組である理由③何でもネットで済むようになってきている

今は何でもネットで済むようになっていますよね。

ショッピングも仕事もネットで完結するようになってきている。

そしてコロナによって在宅で働くことが推進されています。

つまり引きこもりが有利になってきているのです。

ニート≒引きこもりですから、ニートはクソだという理論は薄まっていくでしょう。

ニートをしながら在宅で稼ぐことができれば、むしろ会社員の方が負け組かもしれません。

ニートは勝ち組であるが何もしなかったらただのクソニート

ダラダラした猫

ニートが勝ち組な理由を3つ紹介しました。

しかしニートと言えども、その大量にある時間という資産を無駄にしたらただのクソニートです。

具体的にはずっとゲームをしたりYouTubeを見たりですね。

これだと何にも自分のためにはなりません。

せっかくニートで時間があるのですから、何か自分のためになることをしましょう。

  • 自分を見つめなおす
  • 何か生きていくうえで役立つスキルを身につける
  • 本を読む

何でもいいです。

上記のように自分のためになることを少しでもすれば、あなたは勝ち組です。

またいろいろなバイトをして自分の経験値を増やすのもありです。

単発バイトは面接なし、履歴書無しで働くことができるのでニートの人でも働きやすいでしょう。

人間関係に悩むこともないのでコミュ障の人でもオススメですよ。



ニートが正真正銘の勝ち組になるためにはスキルをつけよう

スキルの文字

それではニートが正真正銘の勝ち組になるにはどうしたらいいのでしょうか?

結論、これから需要の増えるスキルを身につけましょう

最初の方でも言いましたが、ニートは時間が大量にあります。

会社員は仕事で疲れてしまって、スキルだのなんだのを身につける時間と余裕がありません。

これから需要の増えるスキルを身につけたら在宅でも働けますし、会社員よりも稼ぐことも可能です。

需要の増えるスキルは下記の3つです。

  • プログラミング
  • 動画編集
  • セールスライティング

順に説明していきます。

ニートが正真正銘の勝ち組になるスキル①プログラミング

プログラミングとは、プログラミング言語を使ってコンピューターの制御システム、スマホのアプリなどを開発するスキルです。

コンピューターにやってほしい仕事をプログラミング言語を使って順番に書いていくみたいなイメージですね。

これからはAIが人の代わりに仕事をこなす時代になっていくのですが、そのAIに指示を出すのは人間側です。

だから需要が急加速しているんですね。

その指示を出すにはプログラミング言語を覚えることが必須です。

そのためにはプログラミングスクールに通うか独学で学ぶという方法があります。

しかし独学で学ぶのは失敗したとき、どこでつまずいたか自分で原因を探さなければいけないので難しいです。

なのでスクールに通うのが一般的です。

TechAcademy [テックアカデミー]であれば1週間の無料体験でプログラミングがどのようなものなのか学べますし、無料でカウンセリングもやっているので、プログラミングが何なのか分からない初心者でも安心です。

ちなみにオンラインのスクールなので自宅で学べます。

独学でやるにしても、プログラミングの大枠をつかむために無料体験だけでも試してみるのがいいです。

ニートが正真正銘の勝ち組になるスキル②動画編集

動画編集も今需要が大きく伸びています。

有名な人がYouTubeのチャンネルを開設したり、そうじゃない人も自分の日常や経験を伝えるのにYouTubeを始めたりする人が増えていますよね。

そして動画を投稿するには編集をして無駄な部分を省いたり、視聴者が見やすいようにテロップをいれたりしなければいけません。

そのために動画編集のスキルが必要です。

こちらも同じくスクールに通うか独学で学ぶかの2通りの方法があります。

独学であればYouTubeなどで動画編集について解説している動画を参考に学習していけばいいでしょう。

スクールで勉強するならプログラミングと同じくTechAcademy [テックアカデミー]がオススメです。

こちらには動画編集のコースもあります。

またココナラに動画編集をお願いしたい人が募集しているので、どんな募集内容か見ておくのもいいですね。

無料で登録できます。

動画編集以外にも、SNSやブログのアイコンを作ってほしい人などがいるので絵が得意ならやる価値はあります。また○○の方法みたいにノウハウを販売することもできます

ニートが正真正銘の勝ち組になるスキル③セールスライティング

セールスライティングは簡単に言うと、ものを売る文章スキルですね。

これがあるとウェブライターやブログで稼ぐことができるようになります。

インターネットの商品のセールスページにもこのセールスライティングが使われています。

文章を書くのが好きなのであれば、クラウドワークスBizseekでブログやサイトの記事を外注したい人がいるので、やってみるのも面白いでしょう。

どちらも無料で登録できるので、登録してまずは案件を眺めてみましょう

もちろん、ブログを立ち上げて自分の好きな分野、知識のある分野の発信をするのもオススメです。

ブログを書くのも文章力を上げることにつながります。

工場派遣や期間工をやるのも手

先ほど説明したスキルを身につける以外に、工場派遣や期間工をやってみるのも一つの手です。

工場というのは、

  • 未経験でも働きやすい、挑戦しやすい
  • メーカーや派遣会社が寮を用意しており、中には寮費無料のものもある
  • 比較的給料が高く貯金しやすい

上記のようにニートが勝ち組に近づくまでの一歩を踏み出しやすいんですね。

遠方に働きに行けば一人暮らしができますし、住む場所も用意してくれるので自立にもおすすめできます。

もちろん家具や家電もレンタルできます。

そして一生懸命働き、その働きぶりが認められれば派遣から正社員になることも可能ですよ。

まずは工場派遣や期間工で短期間に一気にお金をため、将来について考えたり自己投資したりする。

このような選択肢とるのも真の勝ち組になる1つの道ですよ。



ニートが正真正銘の勝ち組になるために最初の一歩を踏み出そう

できる男

それでは今回の記事をまとめます。

  • ニートは時間がある、疲弊しない、何でもネットで済むようになってきているから勝ち組
  • ただし何もしなかったらクソニート
  • ニートが正真正銘の勝ち組になるにはスキルをつけよう

会社員でも政府が副業を推し進めていることもあり、プログラミングや動画編集、セールスライティングのスキルをつけて稼ごうとしている人が増えています。

また小学校ではプログラミングが必修になったそうです。

上記のスキルは確実に必要となってくるでしょう。

ぜひ今ニートの人はまず勝ち組であることを認識し、上記のスキルを身に着けて正真正銘の勝ち組に進化しましょう!

今回は以上です。





よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

初めまして。ひかしんといいます。
5年半、ドラッグストアの社員として働いていました。
当ブログでは、ドラッグストア業界のことやその他もろもろ発信していきたいと思います!

目次
閉じる