女性に対して自信がない人はボディセンスがおすすめ! レビューはこちら!

ニートがいきなり正社員はやめとけ!正社員を目指す方法を4つ解説

ニートがいきなり正社員はやめとけ!正社員を目指す方法を4つ解説
ニート歴1年の人

働くのが怖くてニートしてたけど、とうとう丸1年たってしまった…。働きたいけどいきなり正社員は止めた方がいい?それともいきなり正社員になったほうが良い?

このような疑問にお答えします。

本記事の内容

  • 長年ニートをしていた人がいきなり正社員は大変です
  • ニートが正社員を目指す方法4選
  • ニート歴が長い人は工場派遣がオススメ
  • 工場派遣は工場特化の派遣会社がオススメ

長い間ニートをしている人だと働くのがかなり億劫になりますよね。

そしていざ働こうと決心してもいきなり正社員を目指したらいいのか、はたまたバイトから初めて働くことに少し慣れてからの方がいいのか、とても迷うと思います。

結論から言うと、いきなり正社員を目指すのは止めた方がいいでしょう。

今回はニートがいきなり正社員を目指すべきではない理由と、ニートが正社員を目指す方法を5つ解説していきます。

この記事を読むことでニートが正社員を目指す様々な方法が分かり、1歩踏み出す勇気がみるみるうちに出てきます!

それでは早速行ってみましょう!

目次

長年ニートをしていた人がいきなり正社員は大変です

長年ニートをしていた人がいきなり正社員は大変です

最初にも言いましたが、ニートがいきなり正社員を目指すのは止めた方がいいです。

なぜなら面接官はどうしても空白期間が気になるからです。

空白期間が短い人はまだしも、ニート歴1年など長年ニートの空白期間がすごい長い人は

ファッ!この人めっちゃ空白期間あるやんけ!いったい何をしてきたんだ?

と感じてしまいます。

そしてずっとダラダラ家で過ごしてたんだろうと思いますし、いざ働き始めてもついてこれるのかと誰でも不安になってしまいますよね。

それだけでなく仮に採用されたとしても、そこは常に人手不足でめちゃくちゃ忙しい会社かブラックで人が集まらない会社の可能性が高いです。

長い間ニートをしていた人がそんな会社、続けられるとは思いません。

ですのでニート歴が半年以下とか資格を超持っている人以外の、1年以上ニートをしてきた人は基本的にいきなり正社員を目指すのはやめておいた方が無難でしょう。

まずは単発バイトなどである程度働くことに慣れた方がいいと思いますよ。
単発バイトアプリ「シェアフル」

ひかしん

受からなくても地獄、受かっても地獄です。

ニートが正社員を目指す方法4選

ニートが正社員を目指す方法5選

じゃあどうやって俺らニートは正社員を目指せばいいんだ!と思いますよね。

大丈夫です。安心してください。

長年ニートをしていた人でも正社員を目指す道は以下のようにはたくさんあります。

  • 契約社員として働き正社員雇用を目指す
  • 派遣社員として働き正社員雇用を目指す
  • 派遣会社の正社員になり各企業に派遣されて働く
  • バイトから正社員を目指す

詳しく解説していきます。

※もちろん最初にバイトで働くことに慣れてからこれらを目指しても大丈夫です。

契約社員として働き正社員雇用を目指す

1つ目が契約社員として入社し、正社員を目指す方法です。

契約社員とは契約期間の定められた社員のことで、3か月~半年ごとに契約を新たに結びなおし最長2年と11か月同じ会社に働くことができます。

ニートにとってのメリットは、

  • 社員の補助的な仕事を任されることが多いので責任が軽い
  • 嫌なら契約を更新しなければ簡単に辞められる

上記の点ですね。

とはいえ正社員を目指すには真面目に働き、頑張っているところを上司に評価されなければいけません。

またデメリットとしては最長2年と11か月すると退職しなければいけない点です。

これは3年以上働かせるにはその人を正社員にしないといけないという理由があるからですね。

もし正社員登用制度自体がなかったり、正社員に慣れなかった場合はまた1から仕事を探さないといけません。

ちなみに工場の契約社員は「期間工」と呼ばれ、こちらは年収400~500万ほど稼げます。

大手の工場で働けるので福利厚生もよく、短期間でお金を稼ぎたいのなら1番手っ取り早いです。

ニート、フリーター人生一発逆転は期間工をやれ!勝ち組になれる!の記事で詳しく解説しているので、興味があればご覧ください。

ひかしん

逆に言えば頑張って誠意をもって働けば正社員に慣れる可能性がそれなりにあるということです!

派遣社員として働き正社員雇用を目指す

2つ目が派遣社員として働き正社員を目指すことです。

派遣社員とは人材派遣会社に登録し、そこから仕事を紹介してもらって働くという働き方です。

こちらも同じ職場には最大2年11か月しか働けません。

契約社員と何が違うんだい?

と思うかもですが、違うのは雇用主です。

契約社員は雇用主が働く会社ですが、派遣社員は登録している派遣会社になります。

ですので給与も人材派遣会社からもらいますよ(時給制)。

ニートが派遣社員として働くメリットですが、

  • 嫌なら更新しなければすぐ辞められる
  • 派遣切りにあっても派遣会社が次の派遣先を探してきてくれる
  • 面接が楽でニートでも受かりやすい

上記の点があります。

人材派遣会社に登録している企業はたくさんあるので、万が一派遣切りにあっても次の職場を見つけてきてくれます。

またニートにとって最大のメリットは派遣社員として働くときは法律で面接が禁止されているところです。

派遣会社に登録するときこそ顔合わせと言って本人の経歴や適性を見ることはありますが、派遣先が本人を面接して合否を下すことはできません。

一応職場見学と言って面接まがいなことはやるところもありますが、これも本当にやばい奴じゃないかを確認するだけです。

いわゆる受かるための面接ですね。

働くまでのハードルが低いですし、責任の重いこともやらされない、ニートが正社員を目指すにはなかなかオススメの働き方ですよ。

ひかしん

もちろん派遣先の企業に「コイツはぜひ正社員として採用したい」と思わせる働きぶりをしないといけません。

特に工場の派遣はニートに超向いています。記事後半で解説します。

派遣会社の正社員になり各企業に派遣されて働く

派遣会社の正社員になり各企業に派遣されて働く

3つ目が派遣会社の正社員となり、各企業に派遣されて働くという働き方です。

一般的には「無期雇用派遣」と呼ばれています。

派遣会社に登録して派遣先で働くというのは1つ前で話したのと同じなのですが、こちらは登録している派遣会社の正社員だという点です。

メリットは、

  • 正社員なので月給制で連休がある月でも給料が固定される
  • 正社員なので安定していて社会的信用もある
  • 同じ職場で2年11か月の縛りなく働ける

こんなメリットがあります。

一般的な派遣だと給料が時給制なので大型連休などがあるとどうしても給料が減ってしまいます。

しかし無期雇用派遣だと月給制で安定しており、正社員なので社会的な信用もあるんですね。

そして正社員なのでずっと同じ職場で働くことも可能です。

無期雇用派遣の採用ですが、まずは普通の派遣として働き声がかかるパターンと、直接無期雇用派遣として募集している案件に応募する2つの方法があります。

ただいきなり無期雇用派遣としての採用を目指すとニートにとっては負担が大きい(それでも一般的な会社の正社員を目指すよりはハードル低め)です。

まずは普通の派遣でいろいろな仕事を試して無期雇用派遣に挑戦するのがいいですよ。

ひかしん

ニートが正社員を目指す道で1番精神的な負担が軽いのがこの方法だと思います。

バイトから正社員を目指す

最後がバイトから正社員を目指す方法です。

正社員登用ありの会社でバイトをして正社員を目指しましょう。

ただバイトを募集しているのは小売りなどの接客業が多いです。

ですのでバイトから正社員になる方法は、接客業の場合にほぼ限られるので注意しましょう。

それ以外の職種の正社員を目指すなら、先ほど話した契約社員や派遣社員からの方法になります。

ニート歴が長い人は工場派遣がオススメ

ニート歴が長い人は工場派遣がオススメ

ここまで正社員を目指す方法を解説しましたが、ニート歴が長い人はどの方法も難しいんじゃないかと感じると思います。

結論を言うと、ニート歴が長い人は工場派遣が1番楽です!

その理由はいくつかあるのですが、特にニートにオススメな理由が以下です。

  • 人とあまり話さなくてよい
  • 給料が高いので貯金ができる
  • 未経験でもできる仕事が多い

具体的に説明していきます!

人とあまり会話しなくてよい

工場派遣はあまり人と話さなくてよい仕事です。

なぜなら同じ作業を黙々と繰り返す仕事だからです。

  • ○○を△△にセットする
  • ○○を~~に入れボタンを押す

このような作業が多いんですね。

ですのでみんなで話し合って、みたいなことはほとんどありません。

肉体労働なので体力的には疲れますが、ニート歴が長い人は引きこもりの人が多いと思うので、そんな人でもストレスなく働けます。

給料が高いので貯金ができる

工場派遣は給料が高いのでめちゃくちゃ貯金ができます。

なぜ給料が高いのかというと、夜勤があるからです。

工場は基本的に日勤と夜勤を1週間ごとに交互に繰り返す2交代制です。

夜勤は時給を25%増しにしなければいけないと決まっているので、その分給料が増えますよ。

時給1000円なら1250円に時給、1500円なら1875円です。

また工場派遣は給料が高いだけでなく、

  • 派遣会社が寮を用意している
  • 家具家電をレンタルでき、半年~1年寮費が無料の案件もある

上記の理由から貯金もしやすいです!

工場というのは都市部には作れないので郊外や田舎の広い土地に建てられます。

人が集まらないので、遠方からも人を集めるために量が用意されており気軽に来れるよう家具家電もレンタルできるようになっています。

その結果、貯金しやすい環境がそろうといった感じです。

とりあえずお金があれば安心できます。

やりたいことがないニートはとりあえず工場派遣で働き、貯金を増やしながら考えるというのも手ですよ。

未経験でもできる仕事が多い

先ほども言いましたが、工場派遣は単純労働が多く特別な知識もいりません。

未経験でもできる仕事が8割以上なので、ニートでも安心して働けます。

派遣会社は工場に特化した派遣会社がオススメ!

工場派遣をするなら、工場に特化した派遣会社がオススメです。

その中でも日総工産という工場系人材派遣会社は、

  • 工場派遣の中でも1番の老舗
  • 全国に事業所があるので相談しやすい

といった特徴があり、工場の案件も豊富です。

また日総工産は「工場求人ナビ」という求人サイトを運営しています。

  • 勤務地
  • 寮ありかなしか
  • 給与体系

といった細かい条件を指定して検索できるので、あなたに合った仕事を探せます。

魅力的な案件が豊富にあるので、長年ニートをしていた人はとりあえずただ眺めるだけでもワクワクしますよ。

もちろん期間工の求人も探せます!

高収入や寮完備のシゴトが満載!
工場系シゴト情報求人サイト「工場求人ナビ」

ニートは契約社員や派遣社員から正社員を目指そう!

ニートは契約社員や派遣社員から正社員を目指そう!

それでは今回の記事をまとめます。

  • ニートがいきなり正社員を目指すのはリスクが大きい
  • いきなり正社員を目指す以外にも、契約社員や派遣社員、バイトから目指す方法もある
  • ニート歴が長い人は工場派遣がオススメ
  • 工場派遣はニートが働くのに敷居が低い

ずっとニートだったからと言って人生を悲観することはありません。

今回説明したように正社員を目指す方法はたくさんあります。

たとえ高卒職歴なしでもです。

ぜひニートでこれから働きたいと思っている人は、契約社員や派遣社員から正社員を目指すというのも視野に入れてみてください。

普通に正社員の面接を受けるよりはだいぶ楽なはずですよ。


よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

初めまして。ひかしんといいます。
5年半、ドラッグストアの社員として働いていました。
当ブログでは、ドラッグストア業界のことやその他もろもろ発信していきたいと思います!

目次
閉じる